大学入学共通テストについて

大学入学共通テストについて

 今年入学される皆さんは、大学進学時に従来のセンター試験ではなく、新しく始まる共通テストを受験する必要があります。国公立大学の第一次試験であるばかりでなく、多くの私立大学も「センター利用合格枠」のように「共通テスト合格枠」を引き続き設定すると見込まれます。従って共通テスト対策は大学に入る上で必須のものです。一次試験の点数が低い場合には、希望校に願書を出願することすらできなくなってしまいます。既にプレテストが2回実施され問題と解答が公表されているため、センター試験と比較して見解を述べます。第一回のプレテストに比べ、第二回のプレテストはややセンター試験に歩み寄った印象です。

<記述>

 読解力というよりも、「解答方法の訓練」を充分に積んでおけば大丈夫です。文章内容はさほど難しくありません、問題集などで早くから塾で時間を計り訓練を積むと安心です。

<現代文・評論>

 センターに比べ、最も変化が大きいと言えます。速読力、複数の資料を使った思考力が必要です。従来の、難解な一続きの論説文の表現に傍線を施し、「これは何を言っているのか?」という問題とは全く違っています。「正しく読み取る」という点では共通していますが、国語というよりも「実学志向」の社会科的な問題で、現代文の教科書を読んでいるだけでは対応は難しく、高得点をとるには事前に充分な訓練が必要です。

<現代文・小説>

 2回目のプレテストでは本文が二つとなり、それらを関連づけて考えさせようとしています。しかし、従来のセンター試験と比べ、本文や選択肢の全体量が大幅に減少しているため、考える時間を確保することができます。「正しく読み取る」という従来のセンターと同一の基本方針で早くから練習を積めば攻略は、充分に可能です。

<古文・漢文>

 センターでは一つの本文を読解する形式でしたが、共通テストでは本文と関連のある他の古典的資料を用いて、関連性について考察させようという狙いが明らかです。しかし、それ以外はセンターと内容、難易度、設問の方向性に大差ありません。従来通りの当塾の勉強方法で充分対処可能です。
 限られた時間の中で高得点を上げるには、勉強を積み上げさえすれば点が取れる古文・漢文で安定した点を取り、時間を節約することが重要です。
 当塾では3年になる直前から、時間を計り、共通テスト対策に総合的に取り組んで、受験生の不安と負担を軽減します。

国公立2次試験や私立大学入試との乖離が最大の問題

 当塾では2年生の春休みから大学入試対策に入るために、共通テストにも充分対応可能です。しかし大きな問題があります。従来のセンター試験の国語は、国公立2次試験に近い方向性と難易度を保っていました。大づかみに言うと2次試験では記述する必要のある部分が選択肢になっていただけでした。主だった私立文系大学の国語の入試にも応用がきくものでした。センター試験が終わってから、1か月半で2次対策をやっても間に合った、私立にも応用がきいたのは、ここに理由がありました。共通テストでは、特に評論において国公立2次や私大受験と方向性に大きなずれが生じます。2次や私大で最も配点が大きいのが評論です。2次の記述、私大対策をかなり早くから共通テスト対策と並行して進める必要があります。文系だけでなく、理系でもハイレベルな国立大学では国語の記述は必須ですが、難易度が高く、共通テストの記述問題の比ではありません。正確な読解と突き詰めた思考力、的確な表現力と語彙力が要求されます。

バナースペース


受験合格 つきざき国語古典塾

〒420-0003
静岡市葵区片羽町28-11
TEL 090-6588-6048
TEL/FAX 054-295-6966

塾長 月崎 美智子

HP つきざき国語古典塾