3年間の指導プログラム

1年の最初から現役合格を目指して!

3年間の指導プログラム

 有名大学合格者を輩出している大都市圏の有名校は、中高6年間一貫教育であることが多く、それらの高校では、既に中学生のうちに古典(古文・漢文)の基礎をほとんど学習し終えています。たとえ静岡高校に入ったとしても、全国との差が歴然としてあり、ほぼ1年遅れに近い状況で、この差を追い詰めていかなければ、3年後の有名大学現役合格は実現できません。

 国語以外の教科においても同様の格差があります。そのため高校では数学も英語も国語も授業の進度が速く、さらに新しく教えたことを何とか定着させるために大量の宿題も出され、小テスト等も頻繁に行われます。部活動や文化祭などもあります。この状況の中で、国語はとりあえず全文口語訳だけ読んでテストをやり過ごしたり、一人では勉強方法もよく分からなかったりすることから、後回しにしてしまいがちな教科です。しかし、国語も一つの学問体系であり、その研究に一生をかけている大学の先生方が入試の出題をする以上、基礎もできていないのに、フィーリングで書いてやり過ごすというようなことでは、大学入試には全く通用しません。古典も現代文も、しっかりした理論に基づいた考え方で正しい解答を導くプロセスはきわめて論理的なものです。

 国語以外の教科や部活動などとも両立しながら、いかにして大学入試に通用し得る国語学力を身に着けるか、熟慮した結果、以下のプログラムとしました。週1回の通塾も高校生活全体のバランスに配慮した結果です。1、2年生の間は静高の教科書や宿題の中で大学入試に有効なものを(ほとんどが有効です)そのまま使います。学校の成績もよくなり、他の教科を自分で勉強する時間も作れます。

 万が一浪人した場合でも、一浪で有名大学や国立医学部に合格していく人は、現役の時に各教科の基礎がしっかり身についており、最後の一押しが足りなかった人です。国語の基礎があやふやな理系の人は、一浪してかえって国語の点数は落ちてしまうこともあり、2浪してしまう人もいます。

1年 古文・漢文の基礎(主に文法力)を身につける

 古文漢文の基礎を身につける最も重要な時期です。数学でいえば足し算引き算や九九に相当する部分です。
 用言の活用に潜む法則性が分からなければ、大学入試で品詞分解さえあやふやになります。助動詞の接続の法則性、細かいニュアンスの違いもわかりやすく説明し演習します。静高のテキストを使い進度に合わせ、テスト対策もします。古典学力の基礎をしっかり養います。
 入試に関わる最重要な時期です。

2年 古文・漢文の長文読解力、語彙力を身につける

 敬語や助詞など文法のフォローもしつつ、静高の大量の課題をこなすことを通して、単語や知識を増やし長文読解訓練をします。
 入試に必要な項目に焦点を合わせて、入試頻出事項に力をおいて指導します。文法の識別はオリジナルの裏ワザなども教えます。百人一首の宿題も入試古文に必須な項目であるためしっかり教えます。2年終了までに古典の学力を貯金します。漢字語彙もフォローします。

3年 学校の勉強から離れ入試対策全般に取り組む、
   特に現代文に力点を置く(2年の3学期より)

 大学入学共通テスト対策(1,2年)またはセンター対策(3年)をします。
 3年の早いうちから時間を計って緊張感を持って取り組みます。初期の頃は現代文に比重をおきます。間違えた問題は生徒自身がじっくり考えて解きなおします。できた生徒が解説します。教師もフォローはしますが、あくまで、生徒自身の頭が働くようにすることが目的です。速読力、思考力、生徒同士の教え合いによる表現力を培うことができます。共通テスト対策としての記述の訓練もします。

バナースペース


受験合格 つきざき国語古典塾

〒420-0003
静岡市葵区片羽町28-11
TEL 090-6588-6048
TEL/FAX 054-295-6966

塾長 月崎 美智子

HP つきざき国語古典塾