1年生の声

1年生の声

中学の頃、苦手だった国語も、塾に通って成績上位者に!


S君

 ぼくは、4月の最初から入りました。中学のときは全く古典はやっていなく、静高の授業についていけるか不安でしたが、この塾で分かりやすく丁寧に教わったので、学校のテストでは学年1位を取ることができました。中学のときから国語は得意でなかったのですが、今はあまり苦手意識はないので入塾して良かったです。

W君

「つきざき古典塾へ通ったことで納得して学ぶことができた。」
 「物事は納得してこそ身につけられる」。私はいつも思っています。
 古典はそのロジックを紐解くために、もちろん様々なことを覚える必要があります。日本語でも異なるコトバなのだから。
 “用言”をはじめ、とても多くのことを正しく覚えなければなりません。この時、私は恵まれていたので、月崎先生のもとで理屈解釈をふまえながら覚えていくことができました。
 理屈抜きの丸暗記の勉強法ではつまらない勉強だと思ってしまいます。ここでなら月崎先生が理解できるまでつき合って下さいます。

K君

 この塾で習っているおかげで、テストの範囲でもある、宿題の内容をしっかり理解することができ、重要ポイントをおさえて、学校の授業では教えてくれない内容まで含めて厳選して教えていただけるので助かっています。
 もし通っていなかったとしたら、何が大事な部分で何から優先して覚えるべきかの分類をできず、古文の習った内容はあやふやの状態になりかねなかったと思います。宿題もテスト範囲も多い中で、重要ポイントをおさえないと、とても学校の授業、授業外の宿題の進度に間に合わないので、大学入試で重要なポイントは何かをふまえながら分かりやすく説明してくださる月崎先生の授業は、古文をしっかり理解することに大きくつながっています。

Iさん P.Nイチゴこっこさん

・国語力がついたのを感じる
 具体的には実力テスト(学力テストのこと)で国語学年2位をとりました。
・忙しい運動部の私でも、両立できます。国語はいつも学年30位以内です。
・塾でできる友達はかけがえのない存在。
・みんな静高生だから、クラス外にも塾の友達がいるって思えると安心
 勉強を真面目に頑張ろうという志の高い子が多いから、良い刺激をもらえます。
・この塾は短い時間での密度が濃い。
 国語の課題なら自分でこなせそうだと思っていても実際、数学の提出物におわれて時間がない、そのため塾でやらないと真面目にやる時間はないです。

Y君

 古文は中学のころはてきとうに訳していればよかったが、高校に入ると定型どおりに訳さないと問答無用でバツをくらうし、助詞のたった一文字だけでも変にしてはいけないから、勉強が少ないと何がなんだか分からない。でも数学なども忙しいのであまり国語に時間を割きすぎるわけにもいかないから、つきざき塾で国語の文法は週一回の2時間で基本が押さえられるので、とても楽だった。

Mさん

 学校では文法をやることよりも、お話を読むことがメインです。
 一学期の「動詞」を習うときには文法の教科書を使って授業をしますが、二学期、三学期とだんだん文法をしっかりやることが少なくなります。
 私は中学で、現代文の文法を習うことが全くなかったです。なので静高に入学してから古典文法が全く分かりませんでした。
 もし入塾しなかったら、文法を勉強する方法も分からず、全く出来ない状態に陥っていたと思います。なので、塾でじっくりと学ぶ時間があることで少しずつ分かるようになり良かったです。

Aさん

 中学の時は全く古典を勉強していなかったので全くわからない状態でした。その上、高校の授業は進むのが早いので最初のうちはテストもあまり良い点数ではありませんでした。
 つきざき塾では学校の授業では教えてくれない部分や、テスト対策までやるので、古典が全くわからず苦手だったにもかかわらず、最近は学校のテストで安定した点数を取ることができ、学校の授業の内容もよくわかるようになりました。つきざき塾に入っていなかったら、古典が全くわからない状態になっていたと思います。

Hさん

 月崎先生に教えてもらったことが学校の授業でとても役にたっています。例えば助動詞は、学校でさらっとやって文章問題に入り急に助動詞の識別をするように学校で言われました。周りの子たちは先生に指されて困っていましたが、私は、何度もこの塾でおそわったので学校で困ることはなかったです。助動詞などの小テストの勉強も積み重ねてきたものがあるので、少しの勉強量で合格できました。
 学校では、完全に理解する前に授業が終わってしまいますが、塾では何度も演習を行うので身になります。
 私は、国語が嫌いなわけではないですが、とても苦手意識をもっていたのでもしこの塾に来ていなかったらテストの点がとても悪かったと思います。
 基礎が身につくので塾に4月から入ってよかったです。

KB君

 もし、この古典塾に来ていなかったら、文法も全然わからないのに、わかったような気がして、後から困っていたと思います。高一で文法の大部分が、学校で流れるように終わってしまうので、つきざき塾に来て、文法をわかるまで教えていただいて、国語が、中学の時より、楽しくなりました。
 また、効率よく学習でき、学校の課題も進めてくれるので、テストの点数も、クラスで毎回5位以内に入れています。

KT君

 つきざき国語古典塾に来るメリットは、受験に使える知識をおさえながら学校の宿題を消化できることです。もしこの塾に来ていなかったら、あまりの宿題の多さに、答え写しをして、受験上の重要事項がわからない上に何を勉強すればよいかわからないという負のスパイラルにおちいっていたと思います。
 「自分で勉強できる!」と思ったとしても、効率や理解度の深さを考えたら、入塾をおすすめします。
 週2時間15分の授業で、それ以外の時間、国語を勉強しなくても進度についていくことができる(テスト前は自分で見直しなどの勉強が必要)ので、他の教科にあてたり、部活をしたりすることができて非常に役立っています。

Sさん

 私は、はじめに中学の先輩に紹介してもらってこの塾を知りました。中学時代は、5教科で「国語が1番できない」というイメージが私や周りの人にもあり、国語は入試でも当然、低い点でした。
 入塾当初、国語力が伸びないなーと思っていたけれど年明けくらいから自分の国語力が上ったのではないかと感じるようになりました。
 平均点なんて夢のまた夢だったのに平均点にも難なく達するようになり、全国模試の古文・漢文も読める!と思えるようになり、テキトーに解くことがなくなりました。
 国語が嫌いな私にとって週に1回ふれることが国語力の向上につながっていると思うのでいやいやでもなんでも通うことに意味があると思いました。
 また、学校の提出物をていねいにやってくれるのでとてもありがたいです。

I君

・学校の進度よりも速く古典を先取りして学習するので、学校の古典の授業が楽しみになった。
・中学生のとき、「高校の古典はさらに難しくなる。」と聞いたが、つきざき塾では基礎からしっかりと教えてくださるので、不安を感じなくなった。
・定期テストや学力テストの対策も丁寧にしてくださるので、古典は安定して点を取れた。
・毎時間、古典の大切な文法や古典常識について学ぶので、1時間でも休んではいけないと思う。

N君

 中学校時代は国語が大の苦手で、学調でも平均点を切ることもありましたが、ここでは基礎を重点的にやってくれたので、よく理解できるようになり、静高の授業にもついていくことができました。また、学校の授業より進度が速いので、良い予習の機会にもなったのだと思います。

U君

 中学までは国語の授業の存在意味が分からなくて、高校でもそのまま乗りきろうとしました。現代文はどうにかなると思っており、また古典もノリでいけるのかと思っていました。
 しかし静高の初めの授業で動詞の活用が全く分からず、放心してしまっていました。そこで友達の紹介でここに入りました。
 ここの塾はとても分かりやすく解読をして下さる先生がおり、学校の授業に少し余裕ができました。
 もしこの塾に入っていなかったら、国語を全くやらず、通信表で10段階の3か4くらいはついていたと思います。国語に対するモチベーションが上がり、中学より国語ができるようになりました。

Nさん

 つきざき国語古典塾は、テスト毎にその範囲をしっかり理解できるように教えて下さっています。
 その内容は、テストに出るような重要なポイントを中心に、学校では教えてもらえないようなものや、入試に関わる重要事項まで、とても詳細で役立つことばかりです。
 また、それ以外にも、文法事項を生徒が理解しやすいように、覚えやすいように工夫して教えて下さるので、古典を論理的に考えることができるようになりました。
 古典を理屈で考えることができるようになれる、とてもいい塾だと思います。

H君

 僕は古文についてまったく理解が出来ず、平均点以下をとってばかりでしたが、母から、つきざき国語塾について話を聞いたとき、なんとかしたいと思い途中から入りました。 おかげで、古典では、テストで平均点より上をとることが出来るようになりました。
 先生の教え方はとてもわかりやすく、理解しやすいです。二年からは、さらに点数を上げて、苦手科目であった古典を得意科目に押し上げていきたいです。

Kさん

 初めからこの塾に入塾したが、高校の国語は中学のものよりずっと細かく、深くまったく違い、慣れて理解するのに時間がかかった。もしこの塾で学んでいなかったら、国語の勉強の仕方も知らず、捨て科目、または答えだけを写して点を取るだけだったと思う。2年からは理系を志望したが今一番点数が安定しとれているのは国語だと思う。週に一日集中して授業を受けると理解度も違い、テスト直前に見直すだけでも点数がとれる。学校の進度にあわせ宿題もやってくださるのでありがたい。

A君

・知り合いが入っていて、評判がよかったので入った。
・塾に入ってからは、テストで文法問題はほぼ落とさなくなった。
・授業中に先生が大事な個所を重点的に丁寧に教えてくれるので、すぐに覚えやすい。
・文法や文章の細かい所まで、納得のいくように説明してくれるので、理解しやすい。

Dさん

 六月の終わりごろに入った。
〈理由〉
  1. 学校の古典の授業が全く分からなかったため。
  2. 国語の宿題の量が多く、どのようにやればよいか分からなかったため。
〈結果〉
  1. 国語、特に古典の成績が急上昇した。(10段階の4→8へ)
  2. 半月程で、効果が出てきた。
  3. クラス順位も大きく上がった。(40人中の38位→5位へ)
〈塾の授業について〉
 わかりやすい。学校の宿題をもとに進むので、とても効率よく勉強できる。

E

 私が、つきざき国語古典塾に入ったのは一年の夏休み明けぐらいでした。それまでは、自分で古文・漢文は勉強していましたが、テストの結果は、良いものではありませんでした。中学生のときには、古文・漢文は得意で正直なところ高校でも大丈夫だとたかをくくっていました。しかしながら、細かな文法事項や複雑な助動詞を見分ける問題でつまづいていました。やはり、中学と高校の古典は、まるっきり別ものです。
 つきざき塾なら、定期テストの課題で出された文章を使って受験にむけた古文・漢文の知識を身につけていけます。
 課題にとりくむ時間も短くてすみ、大量の課題が出る数学や英語を勉強する時間ができます。短い時間でもぎゅっとつまった濃い授業です。古文・漢文が不安な人はもちろん、中学まで得意だった人でも、この塾にぜひ通ってみて下さい。授業の分かりやすさに驚くはずです。

N

 私が中学生のときは感覚で解いている部分が多くありました。特に古文はなんとなくこうかなという感覚でした。中学では、文法の授業もなく基礎知識が抜けている部分が多くありました。そして、国語を感覚で解いていた私は、国語の勉強方法が全く分からない状態でした。そんなときにこの塾を見つけました。そして、先生から古典文法をしっかり教えてもらったおかげで学校の授業をしっかり理解して受けることができています。学校の多すぎる課題にも対応してくださり、テストではここが出そうだということや、この文法は大切だということを細かく教えてくださいます。文章題を解くときも、この解答はどこから導かれるのかをしっかり分かるまで教えてくださいます。また、生徒同士でどう考えたかを意見交換することもあるので、自分の考えどこが間違っていたかを見つけることができます。
 この塾に来ていなかったら、私は学校の授業についていけていなかったと思います。中学の国語と高校の国語は全く違っていて、早いうちから対策しないと手遅れになると思います。この塾に入って良かったと本当に思います。

R

 入塾以来、膨大な静高の宿題もこの塾のおかげできちんと取り組むことができています。まずこの塾の良い所は無駄な時間が一切ないということです。少人数制なので先生にいつ当てられるか分からないという緊張感を持って授業に臨めます。また、当てられて答えられないとすぐとばされてしまうので悔しさをバネにがんばろうと思えます。
 そして何より学校の課題中心の授業に私はとても助けられています。静高の宿題は本当に多いですし、課題テスト、学力テストに関しては自分でやるのに限界があります。それを授業形式でフォローして頂けるのがこの塾です。重要なことをピンポイントでおもしろく教えてくださり、ほんとうに授業が楽しいです。前回のテストでは先生が予想していたところがそのまま出て、通っていてよかったと思いました。また、自分と同じ学校の人と切磋琢磨し合ってがんばれるのでとても良い環境だと思います。
 入ってからは国語の成績は安定しています。
 週1の授業だけで得るものは本当に大きいです。

A

 もともと国語は苦手科目ではありませんでしたが、知人から話を聞き4月に入塾しました。静高は課題が多く、テスト範囲も広いので、自分1人で勉強はこなしきれません。前もっての文法の予習や、テスト勉強も塾の効率的な勉強のおかげで、他の科目の勉強にあてる時間も確保できます。
 もしこれを1人でやっていたら…と思うと他の科目まで中途半端になっていた気がします。おかげで、国語は今でも得意科目です。入塾して良かったと思います。

T

 高校入学当初から入り、中学でしっかり文法を習ってなかったけど、ついていけました。静高の授業はスピードが早いから、何もしないとすぐ遅れてしまうと思います。
 塾は、多い宿題もしっかり理解させ、説明してくださるので助かってます。
 中学と高校の国語の難易度は全く違うということを知っていないと大変になってしまうなあと今つくづく思います。

A

 「高校生になると古典がとても難しくなる」ときいて不安だったけれど、この塾に通っているおかげか、あまり困らず学ぶことができています。
 自分でテスト勉強をする時も、塾で重要事項をおさえてくれるので楽に取り組めていると思います。

S

 私は、途中から入塾しましたが、塾に入って、古文の読み方が本当によくわかるようになりました。学校の授業についていくのは、とても大変なので、この塾で文法についてわかりやすく教えていただけて、本当に良かったです。
 この塾を知ることができて良かったです。

O

 私が中学生だった時、国語がとても苦手で、受験のときも国語が足を引っ張ってしまい、静高を受けられるかどうかわかりませんでした。
 高校受験はなんとか自力で乗り越えましたが高校ではそれが通用しないと思い、月崎古典塾に入りました。
 まず、古典の文法の基礎をしっかりと教えてもらったため、テストでもそこそこ良い点数がとれています。もし、塾に入ってなかったら文法がこんなにも大切であるということに気づけず、文法の勉強を疎かにしていたかもしれません。
 また、私は現代文でよい点数をとることができないため、古典で得点を稼いでいます。
 私は、運動部に所属していて、休みが週に一回で、練習が大変なので、家に帰ると寝てしまうことがよくあります。しかし、週に一回あるこの塾で、効率よく大切なポイントをピックアップして勉強していくことで忙しい中でもテストでしっかり点数がとれます。
 また、“学校のテストのため”だけでなく、“入試のため”にポイントを教えていただけるので本当にためになります。

K

 高校の国語は中学の国語とは全く異なります。特に古文において、中学の頃のテストは語注がたくさんあって、文法的なことは何も問われなかったのが、高校になると覚えるべきことがたくさんあって、学校と自主的な学習だけだとついていけないと思います。(自分も恐らくつきざきに入っていなければついていけなかったと思います。)つきざきでは先生の丁寧な説明から始まって、その後に問題を解きます。
 答えあわせの時に、他の人がどういう思考をして、その答えにたどりついたかを発表するので、これから自分がどういう解き方をすればいいのかわかるので、それもいいと思います。

Y

 進路選択で文系と決めたのがこの塾に入るきっかけでした。
 国語へ意識がまだ低かった頃とても良い刺激となり成績も伸びてきたと思います。
 1年から受験を意識した授業で毎回質の高いものなので自分の学習姿勢も自然と変化していきました。
 これからも志望校のため努力したいです。

M

 私は、高校入学してからすぐに中学が同じで同じ高校へ入学できた友達に紹介されてつきざき先生にお世話になっています。高校入学してみんな周りが塾の話を始めていた頃、私は数学だけ苦手なので中学から通っているところへ通っていました。他は、なんとかなると思って何も考えていませんでしたが、友達に、「高校入ったら古典やばいらしいよ。すごい難しいんだって。」と言われて驚いたのをよく覚えています。そこで、親に頼んで国語塾へ入塾しました。
 前期すぐ動詞の活用、夏休み明けに助動詞、冬休み前に敬語と、どんどん学校では授業が進んでいきます。1回授業で教えたらもうわかる前提で学校の授業はすすんでいきます。私は理解力がなく、覚えるのもおそいので塾と学校で二度やってやっと覚えられます。また、静高は数・英の課題も膨大なので、国語を塾でフォローしてもらって、やっとのことでやりとげています。先生は教材に書いていないことまで丁寧に、少しでもわかりやすいようにと授業してくださっているので、とても覚えやすいです。テストで、古典はものすごく差がついて100点中1ケタの友達もいます。さらに、最初から大事なことをやるのであとからすべて取り返そうとするととても大変で、積み重ねが大切な教科だと感じています。今、高い点をとれているのは本当につきざき先生のおかげです。国語をもっと好きになりました。前よりも得意になりました。だから、勉強のやる気も上がっています。本当に、入ってよかったです。
 これからもがんばります。

H

 つきざき国語古典塾には、高一の最初からおりました。
 高校生活の始まりの時期、部活の選択や新しい生活に慣れるのが大変でした。特に私は、数学と英語が高校に入って大変だと聞かされていたので国語に関しては全く考えがありませんでした。しかし、実際の国語の授業を聞いた時、私は、不安になってしまいました。「このままだと古典(特に文法!)が全く分からない状態で3年を向かえてしまうのではないか」と心の中で苦しんでいました。そのため、私がこの塾に入ったことは、私に古典文法を深く理解する力と安心を与えてくれました。先生が、重要な所は、注目してくれて、国語のテスト対策がとてもはかどります。また、自分一人以外にも同じように国語の勉強をしている仲間がいる環境も良いと思います。
 分からない所を補いあえたり、高校の国語の先生の情報を共有したりできます。だから、つきざき国語古典塾に入ったことは、私に自信を与えてくれました。ありがとうございます。

W

 静高はテスト前と長期休み前以外には国語の課題はでないけれど、テストは1ヶ月に1回あるし、長期休みは課題の量が(主に国語!!)すごく多い。漢文や古文は文法も語句も初めて見るものばかりだから、自分一人でやるとものすごく時間がかかる。でもつきざきでは、学校の課題は提出前にすべて塾でやってくれて、解説もあるので理解もすぐできるのでとてもありがたい。
 冬には定期テストの平均点は100点中30点台にまで下がるので、国語の勉強は初めからしっかりやった方が良いと思う。

I

 静高の学力テストは授業で全く取り扱わない内容で、かつ内容は授業の少し先を行ったようなものだから、どう勉強していいかわからず、最初の学力テストは学年平均を下回ってしまった。マズいと思いながら、期末でもどうしていいかわからず、平均を下回り、どうにかしなきゃならないと思って、母といろんな塾を調べて、この塾にたどりついた。
 ちょうど助動詞のはじめの授業で、夏休みかけて助動詞の勉強をキッチリやって、9月の中間はクラス上位。その後のテストも古典は上位キープができた。他にも、文学史の勉強のしかたがわからなくて、塾に入る前は、一切勉強せず、とれて1〜2点、0点のときもあった。でも塾に入って、文学史や漢字の大切さを授業の中で何回も言われて、理系だから関係ない、じゃなくて、理系だからこそ、国語をセンターでとらないといけないという意識を持つようになった。実際、文学史でも点はとれるようになってきたのでうれしい。まだ1年生ではあるが、文法の基本事項など、頭に入れなければならないことがたくさんあり、学校の授業だけでは到底追い着かない。週1というペースだけど、確実に国語を勉強する機会があり、さらに重要なことを身につけることができるので、すごく貴重な2時間15分だと思っている。国語は楽しいと改めて思う。2年後のセンター試験がとても楽しみです。

C

 中学生のときは、国語は学校の授業を聞いていればできたかもしれないけれど、高校では特に古文を、普段から自分で勉強しなければいけません。宿題も多く、暗記することも多いです。私はいつも宿題をためてしまうので、塾で解説をしてもらいながら進めてもらえるのがすごく助かります。クラスには、答えを写して暗記しているだけの人も多いですが、それだと受験のときに困ると思うのでできるだけ文法の理解を深めながら宿題をこなしたほうが良いと思います。塾では学校の授業よりも1つ1つ丁寧に教えてもらえて、分かりやすいです。これからもつきざきで国語が得意科目になるよう努力していきたいです。

K

 僕は9月に入塾し、他の友達とは遅れをとっていました。入塾前は国語が苦手で、クラスでも40人中古文は30位程でした。しかし、入塾してたった2ヶ月後の期末テストでは、クラス6位になることができました。文学史から学校で教わらない細かい文法事項も幅広く学ぶことができるので、今の学校のテストだけでなく将来的に役に立つようになります。
 今となっては、4月に入塾しておけばよかったと後悔するほど濃い内容です。

W

 高校で出される尋常でない量の国語の宿題が塾で片付き、理解も深まるのでとても助かっています。塾で、決められた時間内に問題を解く訓練を積んでいるので、テストでも時間が余るようになりました。先生が要点を分かりやすく解説してくれるので、頭に残りやすく、最初はよく分からなかった古典が好きになりました。

N

 入学して当初は、古典の対策をしておらず、成績が思うように上がりませんでした。しかし、二学期半ばからこの塾に入り、わずかな期間で成績を飛躍的に上げることができました。入学当初から入っておけばよかったと後悔しています。
 授業は毎回、濃い内容で、2時間が過ぎるのがあっという間です。文法など基本的なことからテスト対策まで一から丁寧に教えてくれます。
 是非、入学と同時に入塾することをおススメします。

O

 私は1年生の12月に入学したきっかけは、中学の頃から国語が1番の苦手教科で勉強法が分からずにいて、そのまま高校へ入学してしまったことです。だから国語のテストではどうしても点数が取れず、勉強方法に悩んでいました。2年生になっても、受験生になっても同じ状態がつづくのが怖く不安だったので、ネットで多くの塾を調べ、つきざきさんに入学しました。実際の授業は、自分1人で勉強するのとは大違いで、今まで知らなかった知識をたくさん学ぶことができたり、受験で重要なポイントを分かりやすく解説して下さって、復習時やテストにとても役立ちました。2年生になって、入学しておけばよかったとなる前に、なるべく早めに入る方がいいと感じました。自分が後悔しないように、するべきだと思いました。

H.A 運動部 安東中出身

 静高のテストは、各教科の範囲が広すぎて、とても古典に手が回らないと思う。でもここは、定期テストの対策もしっかり行ってくれるので、自分自身では、古典のテスト勉をしなくて済んでいる。
 「国語くらい自分でできる」と今まさに思っている人は、絶対に危険だと思う。中学と高校はまったく違う。逆に、「高校の国語が不安。」と思っている人は、かつてないチャンスが目の前にあると思ってほしい。中学時代に40点以下しかとれなかった僕自身が静高で30位以内に入れているのだから。

Y 附属静岡中出身

・高校の国語の授業
 高校の国語はとにかく覚えることが多い。中学まではなんとなく解いていればそれなりに点がとれたけど、高校では、活用を覚えてなかったり、漢字の知識がないと半分もとれなくて本当にショックな点数になってしまう。
・塾に入る必要性
 自分は附属中出身(中学から)だが、附属小中出身で、春休みも遊んでしまって塾のことも何も考えていないと、いつのまにかみんながすごい前を走っているという状況になってしまう。
 中学とはちがい高校の国語は塾があった方が絶対に分かりやすい。特にこの塾では大学受験に向けての勉強やテスト対策もしてくれて、番付にもたくさんのっていて、非常に信頼できうる。一学期国語の成績は9で、夏休み明けテストで国語は学年で4位でした。
 ※番付…成績上位者を科目ごとに30番位まではり出します

H 文化部 静大附属島田中出身

 私は中学生のときに古典に苦手意識があった。しかし、高校の助動詞や動詞の活用といった、中学のときと比べ、難しい内容でも、ついてきてこれている。むしろ、古典は得意分野になった気がする。
 また、テスト範囲は広いが、学校と塾の勉強をしっかりやることで、点数はきちんと取れる。テスト勉強も自分で基礎からみっちりとやる必要がなくなり楽だ。
 私は理系だがこの塾で国語も頑張ろうと思っている。夏休み明けテストは3科目(英数国)総合で11位だった。

I.H 文化部 南中出身

 私は、中学校の頃から国語を苦手としていたので、この塾のことを知り、1年の始めに入塾した。
 静高の国語は、進度が速いので、学校の授業を受けているだけでは、なかなか理解することが難しいと思う。しかし、ここで一度説明を受け、文法の構造や、言葉のもつ意味、ニュアンスの違いなどを頭に入れておくことで、学校の授業が再確認の場となり、定着しやすくなる。
 また、静岡高のテストでは、漢文の白文が出題される等の特徴があるが、テスト前にはその対策ができる。その他、範囲となる漢字や百人一首もカバーしてくれるので、家での勉強を他の科目にあてることもできる。
 苦手だからと入ったのですが、英数国の中で国語の順位が一番よく、ほぼ塾でやっているだけですがテストの度に20番以内には入れています。

O 文化部 静大附属静岡中出身

 高校に入って思ったことは中学までとは全然違うということでした。特に古文は中学校の時にほとんどやっておらず、文法等も全く知らず、入試の時も、多分こんな感じだろうとなんとなくで解いていました。なので、もしこの塾に来ていなかったら授業で何をやっているかわからず、国語が苦手で全く理解できないでいたと思います。この塾ならわかりやすく教えてくれるので、学校の授業についていけなくなることがありませんでした。この塾に来れて本当に良かったです。

S.K 文化部(音楽系) 静大附属静岡中出身

 私は、中学から国語は苦手教科でした。文法の知識も初めからなく、高校では中学よりもたくさんのことを学ばなければならないので、何とかしなくては...と思いました。そのときに、中学校の先輩にこの塾をすすめられ、入りました。授業は、先生がとても熱血で、気が引き締められます。そして、学校の予習や夏休みの課題も一緒にやってもらい、とても助かります。
 テストの1〜2週間前は、古典を全てフォローしてくれるので、忙しい部活ですが、国語だけは結果は良い感じです。

H.S 運動部 静大附属静岡中出身

 ぼくは、静岡高校の合格発表のときに、チラシをもらい、中学の頃、文法などがよく分からず、高校の古典がついていけなそうだと思って塾に入りました。
 ここに入ってからは授業がとても早くて焦ったけど予習中心で学校の授業で復習ができるのでだんだんできるようになった。定期テストの対策もしっかりしてくれるので、テスト前に家で勉強しなくてもある程度点数が取れると思います。
 運動部などでつかれて、学校の授業に集中できない人には、おすすめします。

R.O 文化部 静大附属静岡中出身

 高校の古文は中学生で習うような、勉強をしなくても点が取れるものではなく、覚えることも多い。授業も早いスピードで進んでしまい、自分から予習しなければきちんと頭に入れることができず、テストでもかなり難しい問題を出してくるので、自分だけで良い成績を取るのは難しいと思う。
 しかし、ここでは学校で習う内容を短い時間のうちに、授業よりも分かりやすい形で解説してくれるだけでなく、テスト対策としても出そうな場所をきちんと教えてくれたので、テストでは苦手なところも点を取ることができ、国語を得意教科とすることができた。

M.S 文化部(音楽系) 静大附属静岡中出身

 国語は、勉強すればテストで点を取ることができます。では、なぜ国語ができなくなってしまう人がたくさん出てくるのでしょうか。
 それは、静高のテストの範囲が非常に多く、やりきることができない生徒が多いからだと思います。
 この塾は、静高生専用ということだけあって、数多くあるテストの度に、しっかりと対策をしてくれます。
 高校の国語は中学の頃とはまた違ってくるので、「あ...このままだとヤバイかも...」と思ったら早めにこの塾に入ることをおすすめします。

N 運動部

 静高の国語のテストは、独自で学習しなければ、何もできなくなってしまいます。自分も初めは国語なんて塾にいかなくても点数は取れると思っていたけれど、実際には全然できませんでした。塾には途中から入ったけれど塾でテスト範囲や文法をフォローしてくれるので、いままで平均点の半分近くしか取れていなかった古典で平均点は毎回上回るようになってきて、成績も5から8まで上がりました。静高の国語のテストは、自分一人でやるにはとても大変なので、しっかり塾でやることが大切だと思いました。

S 運動部

 中学校の頃は、「国語のテストなどは問題集に少し取り組んだり、読解力があれば大丈夫」などと思っていましたが、高校に入り古典も中学の時よりも更に深く掘り下げて習い始めるので自分で学習するのはなかなか難しいと思います。僕も入学当初は特に国語の勉強方法がつかめず、悩んでいました。
 しかし既に入っていた同じ部活の友人の紹介でこの塾に入り先生から教えてもらうことで、徐々に苦手意識が薄れてきたと思います。
 また動詞や助動詞の活用など覚えづらいものも多いので、塾が非常にためになっています。
 「塾=英語・数学」という観念は少し忘れて国語も習ってみる事を是非オススメします!!

A 文化部

 きっと、中学までの国語は、普段から本や新聞を読むなど文にある程度触れる機会がある人は、自分の持っているセンスでなんとかなってしまうものであったと思います。
 しかし、高校からの国語(特に古典)は全く別のものと思って良いと思います。
 私は、初め英語と数学だけ塾に通っていましたが、国語でなかなかいい点数が取れず、慌てて夏休み明けから国語も受けることにしました。
 以前はテストの点数が赤点(平均点の半分以下)だったのが、この前のテストで初めて平均点を越えることができました。
 つきざき国語古典塾の国語は、定期テストの範囲(多すぎて私にとって個人でやるのは不可能...)もしっかりフォローしてくれます。
 国語は、コツも必要なので、絶対に受けたほうが良いです。
 今日も合格した先輩方の意見を聞けました。情報源にもなって助かっています。

T 運動部 静大附属島田中出身

 数学や理系科目が得意で、国語は捨てていたので、最初、塾に入ろうとは思ってもいませんでした。そうしていたら国語の順位が200番後半から300番台になってしまいました。さすがに、これはマズイと気づき、2学期の終わりごろ「つきざき国語古典塾」に入りました。授業は早いけど、ポイントをついていて、とてもわかりやすく、今まで国語のテストは問題のイミがわからないくらいできなかったのが、問題のイミがわかるようになり、まだ平均点には届かないものの、平均を5点くらい下回るだけになってきました。新入生の皆さんは、理系に行くにしてもセンター試験で国語は使うので、国語を捨てずに、いっしょうけんめいやってほしいです。

  


バナースペース


受験合格 つきざき国語古典塾

〒420-0003
静岡市葵区片羽町28-11
TEL 090-6588-6048
TEL/FAX 054-295-6966

塾長 月崎 美智子

HP つきざき国語古典塾