塾長挨拶

設立趣旨

  • 静岡で地域社会の学力向上に貢献する。
  • 大学受験合格を通して、生徒の夢の実現を後押しする。
  • 週1回の通塾で現役合格を狙い、親御さんの負担を軽減する。

塾長プロフィール

  • 静岡大学大学院教育学研究科修了(教育学修士)
  • 専修教員免許(小学校,中学国語,高校国語,高校書道)
  • 日本語教師7年(教育能力検定試験合格)
  • 日本語教師養成講座講師
  • ブロンコ大学進学塾にて国語指導15年(平成27年2月に独立)

自分の能力を発揮した仕事によって、人のために役に立って生きて行こう、と決めています。
毎朝、祝詞をあげ近くの神社にお参りして「今日一日出会う人の役に立てるように」と誓いを新たにしています。


塾長挨拶

つきざき塾長

結婚前は小学校の教師をしていました。結婚して2人の子供が小学校高学年にさしかかる頃、ちょうど30代半ばでした。自分の今後の人生と、子供達の将来の学費のために一大決心をし、猛勉強した結果静岡大学大学院教育学部研究科に、首席で入学できました。教育学修士号取得後は、日本語教師や静大付属小の講師をしていました。
 長男の竜童(現JAXA東大兼任助教)から、静高入学と同時に「お母さん、国語を教えて」と頼まれ、教え始めると、静高生が集まるようになりました。毎年自然にだんだんと生徒が増え、今の塾になりました。竜童は現役時の東大2次試験で、国語は95%の得点率でした。(一浪して合格)静高では陸上部の理系、時間がありませんでした。私の2人の子供は年子でしたから、仕送りも同時期で大変でした。
 当時の経験から、膨大な宿題や国語の勉強方法に悩んでいる生徒の皆さんや、学費を捻出しようとする親御さんの心強い味方であり続けよう、と決意しています。

一人で仕事のできる範囲で「受験の国語で点を取りたい」高校生を指導します。13〜14人で1クラスとするため、同じ学年で人数が増えてくると、2クラス目3クラス目を作ります。一人一人をちゃんと見ていきたいからです。塾を大きくすると、経営者としての雑用が増えます。なので、大きくする予定はありません。自分の時間とエネルギーは、できる限り、自分自身が生徒に向き合って、生徒を教えることに使います。


高校の国語

高校では、新しく古典の授業が始まります。中学までと同様に、「なんとなく授業を聞いていればできる」「だいたいこんなことを書いてあるだろう」と書いたら合っていた、というものではなく、 むしろ全く新しい未知の語学の授業が始まると考えてください。ドイツ語やラテン語を一から学ぶ、と考えて取り組むのがいいのです。
2年進学時に文系と理系に分かれ、理系選択者は2〜3年において、文系に比べ国語の授業時間は大幅に減ってしまいますが、センター試験で200点が課されるのは文系と変わりありません、 したがって自分自身で補って行く必要があります。レベルの高い大学を狙う人ほど、その必要性があります。

<古典>

古典では、受験に向けて最も重要な部分が一年生で習う「古典文法」です。この基礎部分なくしては、長文読解もできません。また、漢文も古典文法に基づいて書き下し文にしていきます。したがって、漢文読解の基礎にもなっています。古文漢文を合わせて「古典」とし、センター試験では100点を占めています。物理、化学、日本史、世界史等も100点です。もし古典で大幅に点数を落としてしまったら、合計点も下がり、結果として2次試験に進む以前に、志望大学に出願はしたものの、センター試験の点数不足で2次試験に進めなかったり、やむをえず志望校を変更せざるを得ない、という事態になってしまいます。
 また文系はもちろん、理系でも旧帝大では2次に古典を含めた国語の記述試験が課されている大学もあります。、採点基準は基礎ができているかどうかにかかっています。この基礎部分は1年で習うことになっています。1学期に用言→2学期に助動詞→3学期に敬語と助詞、というのが一般的ですが、大抵は助動詞で分からなくなり始め、敬語でお手上げ、助詞を含めた識別になると、もう国語は捨てたくなる、というパターンです。しかし、理系であっても国語を捨てたら、「国公立への進学を諦める」ということを意味しています。ハイレベルの理系国公立を目指す人は、理系科目や英語などはできるのが当たり前で、試験で最も点差が開くのが国語です。 また、学校で3学期に敬語と助詞というのは授業の回数からかなり無理があり、敬語をちょっとやり、助詞を眺めたら終わった、ということがあります。敬語なくしては入試古文は読めません、助詞を含めた識別ができなくては、文法の問題自体が正確に解けません。それでも文系に進んだ人はまだ補うチャンスがありますが、理系で運動部、国語は何をしたらいいか皆目見当もつかない人は、一人で補うのは限界があります。 浪人生を今までに何人も引き受け、土台から古文文法をやり直したのですが、最初は皆、品詞分解さえできませんでした、どこまでが動詞でどこからが助動詞かも分からない、それ以前に品詞の概念がない、まさに九九ができないのに数学をやろうとしているようなものです。1年間でやり直すことによって、有名私大や国立医学部等に合格していきました。
  いつも受験生を教えつつ、1年生も同時並行に教えているので、基礎の文法を教えるときには、特に熱が入ります。皆が甘く見ている動詞の活用から、つきざき国語古典塾のオリジナルメソッドでしっかり教えます。活用の種類を見分けられるようになるためには、まず種類を全部一挙に教えてしまうことが重要です。この部分の授業をしっかり受け、動詞の活用の原則が身についているかどうかで、品詞分解の能力に差がつきます。 助動詞は特に重要です。日本語の意味は、現代語であっても主に助動詞が担っているといっても過言ではありません「学校へ行こう」「学校へ行かない」意味は全く違いますが、その意味の違いは助動詞が担っています。助動詞の意味が分かって初めて、古文を正確に訳すことが可能です。大学の2次試験でもハイレベルな大学ほど「基礎がしっかりしているかどうか」がわかる問題を出してきます、「だいたいこんなことが書いてある」と大雑把にまとめて書いたものは全く点数にはなりません。「基礎に忠実に正確に訳す」という姿勢こそ、入試突破のポイントです、それを担っているのがまず助動詞です。助動詞の接続も1年生の夏休み中に2時間で、その原則を一気に教えます。これもオリジナルメソッドです。その後に一つ一つの助動詞のニュアンスを丁寧に説明して行きます。学校が始まり、定期試験の前には、立ち止まって丁寧に試験範囲のフォローをします。
 敬語と助詞についても、1年生の冬休み、3学期、春休み、2年の4月〜5月連休あたりまでをかけ、丁寧にわかりやすく教えます。使用テキストは学校指定の文法の本と学校の宿題、それに付随した練習帳などで、できる限り余分な出費を避け、学校の宿題や試験に沿ったものにしています。塾で文法内容を予習し、学校の授業でなぞり直し、試験前には必ず立ち止まって試験範囲を徹底的に復習するようにしています。

2年生で重要なことは、1年生で習った古典文法の基礎の上に長文読解能力と、古文単語力をつけることです。文法+単語+長文読解(古典常識)が、古文においてやるべき内容だと把握してください。使用テキストは、学校の教科書や宿題で出されている問題集です。2年生で中だるみせずに学力を養うのが、3年になってあせらず、現役で志望校に入るコツと心得てください。学校の教科書や学校販売の問題集は、入試に向けて選び抜かれた良問がそろっています。それを最大限に活用するようにしています。
 漢文は高校に入って初めて見たという人もいます。学校では教科書の長文を読むことが主体になるため、なかなか体系的な文法力が養われません。文法のことを漢文では句法と呼んでいます。『明説漢文』(全国高等学校国語教育研究連合会編)を使い、入試で必要な基本の句法を体系的に教えていくと、センター試験で点数がとれるようになります。
古文も漢文も、2年で行う長文読解訓練は学校の宿題をこなし、入試の基礎訓練ともなるもので、たいへん重要ですが運動部の人や国語が苦手な人は、適当に答えを写し口語訳を丸暗記している人がいます。その場しのぎの点数はとれますが、校外模試や入試では、ボロボロになってしまいます。しかし「一人でやっていると分からない、どうやっていいかわからないからついつい答えばかり見てしまう」という気持ちも理解できます。つきざき国語古典塾では、時間の制約をもうけ、教師が少人数クラスで丁寧に見て回り、ヒントを出しつつ皆で一斉に問題を解き、その後全員で丁寧に答え合わせをしてから模範解答を確認します。疲れていても塾に来て仲間がいて、教師がついて少人数でがんばることができます。入試に出る部分は常に気になります。毎週、受験生と同時に1年生も2年生も一人で教えています。入試で点数の分かれ目になる部分の指導はつい熱がこもります。
 つきざき国語古典塾では河合塾のセンターマーク模試や駿台模試の国語で、満点日本一も輩出しています。

<百人一首と文学史>

ほとんどの進学校では、百人一首と文学史が宿題として出されます。(出されていない、テキストさえ持っていないならば、自分で購入して入試に備える必要があります)正直そこまで時間がない、やりたくない人が多いかもしれませんが、大学入試突破という観点からは極めて妥当な宿題です。和歌の攻略こそ古文の攻略です。センター試験でも古文の中に和歌の解釈が含まれている確率が高いと言えます。ハイレベルな大学の文系の2次試験では、和歌の口語訳が要求されることもしばしばです。また、たいていの私立文系大学では文学史は必ず出されます。学校の試験範囲に沿って、江戸時代までの文学史をきっちりやります。百人一首についても、学校の宿題に沿ってわかりやすく丁寧に100首すべてを1年間かけて少しずつ解説します。句切れや序詞などは自分で分かるようになります。使用テキストは学校で買わされたものです。宿題となったタイミングで試験直前に行います。


バナースペース


受験合格 つきざき国語古典塾

〒420-0003
静岡市葵区片羽町28-11
TEL 090-6588-6048
TEL/FAX 054-295-6966

塾長 月崎 美智子

HP つきざき国語古典塾